タトゥーや刺青の部分は脱毛出来ないので要注意!!

最近はオシャレとしてのタトゥーや刺青を楽しむ人が増えてきました。

街を歩いていても脚や腕、胸元などにタトゥーをしている人を見かけます。

自分が楽しむタトゥーもありますので、見えない部分にする人もいることでしょう。

そうなると気になって来るのがムダ毛の処理ですよね。

かっこいい、かわいいタトゥーもムダ毛が周りに生えていては台無しです。

よし今年こそは脱毛サロンに挑戦しよう!という前にひとつ気を付けて欲しいことがあります。

基本的に脱毛サロンなどで行う施術は、お肌にあるムダ毛の色の濃い部分に作用する光を当てて処理する施術です。

ですので、タトゥーや刺青をしている毛のない部分にも脱毛施術の影響が出てしまうということになります。

つまりタトゥーや刺青をして脱毛施術すると、毛根以外にも強い光が当たり肌を荒れさせてしまう、強いやけどになってしまう原因になるということです。

ムダ毛が気になる部分に対してタトゥーをする場合は、そのことを念頭に置いてデザインしてもらえればよいと思います。

一般的な脱毛サロンで行うようなフラッシュ脱毛は、比較的高範囲へライトを当てて処理する方法ですので、ある程度距離が離れていないとタトゥーの部分に掛かってしまいます。

そうすると中途半端な施術しか行えず、お店側から断られてしまう場合もあります。

脱毛しようという場合は事前にサロンとよく相談、確認をして下さい。

もうすでにタトゥーや刺青をしている人も、ニードル法や高出力のレーザー法であれば狭い施術範囲で脱毛できるの可能性があるので、気になるムダ毛を処理できるかもしれません。

諦めずに一度専門の人に相談してみて下さい。

ファッションとして普及してきたタトゥーや刺青ですが、同じように見せないことでオシャレになる脱毛もファッションにとっては大切な事です。

見てもらいたい部分に注目してもらえず、見せたくないものを強調してしまっては意味がありません。

健康的にオシャレを楽しめるよう、脱毛サロンとタトゥーや刺青の関係について覚えておくとよいでしょう。